寝苦しい夜を乗り切るための、 暑さ対策をご紹介!?

健康

寝苦しい夜を乗り切るための、 暑さ対策をご紹介!?
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

そもそも、暑いなら冷房をつければいい話なのですが、
部屋に冷房が無かったり、冷房が苦手だったりという方も
少なくないでしょう。
また、単純に冷房は電気代がかさみますので
費用の面でも大変気になりますよね。
そんなときにオススメの対策法です!

(1) 保冷剤で頭・脇・股を冷やす
保冷剤は暑さ対策の定番グッズですね。
睡眠時は頭に熱がこもりやすく、
熱がこもると不快感から眠りが浅くなってしまいがちです。
そのため保冷剤で頭を冷やすとよく眠れるようになります。
また、保冷剤をタオルに巻き、脇や股の間にはさんで寝るのも暑さをしのげます。
脇や股には大きな血管が通っているので、
この部分に保冷剤をはさむことで体を効率良く冷やすことができるんです。


(2) シーツを冷感シーツや、ジェルマットに変える
背中と敷布団の間や頭と枕の間は、熱や湿気がこもりやすい場所です。
風通しをよくしても、ここの熱や湿気はどうにもなりません。
そんな時はシーツや枕カバーを触ったときにヒンヤリする
冷感シーツに変えてみましょう!
また、ジェルマットという冷却ジェルが入ったマットもオススメです。
寝返りを打つことによって寝る場所を変えれば、
またマットの表面温度が下がり、冷たさが自然と蘇ってきます。
電気を使わず、自然な冷たさを半永久的に感じられるのでお得ですね。


(3) 夏野菜を食べて体温をコントロールする
夏野菜を食べるのも夏のほてった体温を下げる1つの方法です。
夏野菜とは、トマト、きゅうり、なす、ゴーヤ、バナナ、すいかなどです。
これらに共通するものはカリウムと水分を含んでいること。
カリウムと水分が多いと利尿作用が起こり、
尿を出すことで体の体温を下げる効果があります。
夏に夏野菜を食べるのはとても理にかなっていたことなんですね。
ここで気を付けなきゃいけないのが、
逆に体温を上げてしまう食べ物についてです。


(4)クールダウン浴をする
暑さ対策は短時間で体を冷やすことだけではいけません。
体の中心部の深部体温を下げることが重要です。
上手く深部体温の熱を放出することが出来れば
体温が下がりよく眠れるようにもなります。
深部体温を下げたいときはシャワーだけでは済まさずに
ぬるいお風呂に入るといいでしょう。
温度は34~35度くらいで胸がつかるくらい溜めて
15分くらい身体を付けるとよいでしょう。
深部体温より低く、表面体温より高い温度設定がベストです。
きっちりと睡眠が摂れない日々が重なると、
体調まで悪くなってしまいます。
身体がバテきってしまう前に、安眠を確保して、
万全の体調を心がけましょう!

1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう