臓器別ではなく遺伝子別の治療法。これからのがん治療の主流になるのでは!?

健康

臓器別ではなく遺伝子別の治療法。これからのがん治療の主流になるのでは!?
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

プレシジョンメディシン(精密治療)で話題の病院がすごい!

医療の話題には様々なカタカナ語が登場します。今回のテーマは、最近しばしば目にする「プレシジョン・メディシン」です。
プレシジョンは英語で「精密、正確(PRECISION)」という意味です。そのまま訳すと「精密医療」とか「正確医療」ですが、患者一人ひとりの特徴に応じた治療を行う「個別化医療」と同じような文脈で用いられています。
PRECISIONというキーワードで医学論文を検索すると、2010年頃から年々、急激に増えています。「プレシジョン・オンコロジー(腫瘍学)」とか「キャンサー(がん)・プレシジョン」といった、がん医療に関した言い回しも多く出てきます。
■がんの遺伝子診断
がんの遺伝子を調べ、タイプの違いによって効果が期待できる治療薬を選択するというやり方は、すでに肺がんや乳がん、大腸がんなどの治療で導入されています。
たとえば肺がんでは、分子標的薬の「イレッサ」(ゲフィチニブ)はある遺伝子変異を持つタイプの約7割に効果があるとされます。さらにイレッサが効かなくなった場合には、再び遺伝子検査を行って別の遺伝子変異が見つかった患者に効果が期待できる分子標的薬「タグリッソ」(オシメルチニブ)が今春登場しました。遺伝子変異の有無によって用いられる肺がんの分子標的薬にはALK阻害剤もあり、まずがんの遺伝子を調べることは治療の標準となりつつあります。
■オーダーメイド(テーラーメイド)医療
個別化医療はこれまでも、体に合わせた服を仕立てる意味になぞらえて「オーダーメイド医療」とか「テーラーメイド医療」といった言葉で表されてきました。一人ひとりに適した治療が選択されることは、治癒の確率が高まるだけでなく、効果の期待できない薬による余計な副作用を避けられる利点があります。
近年、「プレシジョン・メディシン」という言葉が用いられるようになったのには、より高精度の遺伝子解析が可能になったことや、治療薬の開発が進んだことなどを背景に、患者を特徴ごとに分類して適切な治療を選択するシステムを目指そうという意味合いが感じられます。
■オバマ米大統領の一般教書演説
プレシジョン・メディシンをめぐるトピックとしてよく取り上げられるのが、オバマ米大統領が2015年の一般教書演説で発表した「プレシジョン・メディシン・イニシアチブ」です。2億ドル余りの国家予算をつぎ込み、効果的ながん治療の開発促進、米国立衛生研究所(NIH)によるボランティアの遺伝子や生活環境などの大規模な疫学研究、個人情報保護、遺伝子解析などの規制の整備などを進めるとしています。がんはその具体的な分野の筆頭に掲げられ、遺伝子の臨床研究に基づく国家的ながん知識のネットワークを確立することなどがうたわれています。
日本でも国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の創薬基盤推進研究事業の研究課題のひとつに、プレシジョンメディスン推進が盛り込まれていますが、取り組みの遅れは否めません。
■増える?治療選択の悩み
ただ、病気の原因となる様々な遺伝子情報の解析が進んだからと言って、どんな治療を選ぶのか、ゼロか100かで決められるわけではありません。現実には、遺伝情報のうえでは病気のリスクが高いとされても実際の発病の可能性は低い場合や、その逆のケースもあると思われます。病気になる可能性や治療が成功する確率が高い精度で分かったとして、どういう治療を選ぶのか患者の悩みが尽きることはないでしょう。情報が増えることで、かえって悩みは増えることになるかもしれません。

出典 http://yomidr.yomiuri.co.jp

最新のがん治療 プレシジョン・メディシン2

NHK サイエンスZERO 癌

1
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう