「1日3個の卵」がカラダを変える!?脂肪肝完治、薄毛解消!?

健康

「1日3個の卵」がカラダを変える!?脂肪肝完治、薄毛解消!?
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

「卵を食べれば全部よくなる」の著者である血液診断士の佐藤智春氏が語る。分子栄養学とは、栄養素をバランス良く摂ることで健康状態を維持・改善するという立場です。

著者の佐藤智春さんは、人間が健康でいられるには、老若男女を問わず、たんぱく質がをどれだけ摂っているかであり、そのためにもっとも適した食材が、安くていろいろな食べ方ができて栄養のバランスが抜群の完全食である鶏卵がいいというのです。
政府も今年、コレステロールに対する考え方が激変する発表がなされた。2月に米農務省が「コレステロール摂取の制限をなくす」と発表。続いて日本でも、厚労省がコレステロールの1日の摂取基準値を撤廃。日本動脈硬化学会も「食事で体内のコレステロール値は変わらない」と声明を発表している。

脂肪肝完治、薄毛解消などで お悩みの方 たまごが嫌いもしくは アレルギーで なかったら試してみるのも いいかも?

お勧めは、消化時間に留意した食べ方。消化が早い順に、半熟・温泉卵→ゆで卵→生卵→目玉焼き→卵焼き。ストレスを感じた時は温泉卵、腹持ちをよくしたい時は卵焼きがベターだ。

 また、目的別なら、佐藤氏が勧める食べ方は次の通り。

「疲労回復なら、ビタミンB群が豊富な豚肉と卵を合わせて。カツ煮の卵とじなどがいいでしょう。脳活性ならネギトロユッケのような卵とマグロの組み合わせを。最近は若い人でもロコモ(運動器の障害)の人が多いですが、骨・筋肉代謝には卵と納豆がいい。冷ややっこに卵と納豆をのせた一品なら、料理が苦手な男性でもすぐ作れます」

 早速、今夜から始めるか。

■コレステロールの効果とは

「1日に必要なコレステロールのうち、3分の2は肝臓で合成され、3分の1は食物から。食物からコレステロールを取っても、肝臓での合成量が調整されるので、血中のコレステロール量は一定範囲に収まります」(佐藤氏)

 最近は、コレステロールの不足が脳内物質セロトニンの不足につながり、うつ病やアルツハイマーの原因になることもわかってきた。骨密度を増やすビタミンDの合成や、ストレスに対抗するストレスホルモンの活性化にもコレステロールは必要不可欠だ。

出典 http://www.nikkan-gendai.com

1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう