温活健康法でカラダを健康に!

健康

温活健康法でカラダを健康に!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

美容・健康に効果ある!?

温活とは日頃から運動や入浴でしっかり体を温め、基礎代謝を上げることで、体の機能を高めると言われている健康法です

体温が上がる→HSP(ヒートショックプロテイン)が増える→HSPはタンパク質を守ったり、タンパク質を修復する働きがある→細胞の修復や再生がされやすいことから、様々な健康効果があると言われています

※HSP(ヒートショックプロテイン)とは、熱・衝撃・タンパク質で、体が温まり、適度なストレスが加わると作られるタンパク質です

★HSPがカラダを健康に!
<免疫力増強>
NK細胞の活性率は、入浴前44%→入浴後52%とアップ
病気になりにくいカラダに!
※NK細胞(ナチュラルキラー細胞)とは、全身をパトロールしながらガン細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃するリンパ球の事です

<細胞の活性化>
体温が上がると細胞の修復や、再生がされやすいので、長寿につながる

<中性脂肪の減少>
体を温めHSPが増えると代謝を促進するので、ダイエット効果が期待される

<紫外線を防御>
シミの原因メラニンの過剰生成を防止し、美容効果

★体温を上げるオススメHSP入浴法
①40℃の湯船に20分つかる
41℃なら15分、42℃なら10分

②体温38℃目標
口に体温計をくわえ、体温が38℃くらいになるまで、お湯につかるのが目安
お風呂のフタや入浴剤で、お湯を冷まさないようにする
汗が大量に出るので、水分補給をすること

③入浴後は保温
お風呂上りは浴室で10~15分ほど保温する(体温が下がるのを緩やかにする)
寒い時期は浴室の温度が下がるため、サウナスーツを着て保温するのがオススメです
※1週間HSP入浴法を実践すると、基礎体温が0.5℃~1℃上がることが実証されているそうです

★代謝を上げて痩せる!温活ダイエット
元ミスユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんによると、生姜や唐辛子の温活効果は一時的なものなので、基礎体温を上げるには筋肉の量を増やすことが重要、そのため食事に温活が必要です

<基礎体温を上げる食材>
タンパク質・・・魚・鶏肉・卵など
脂肪・・・青魚・ナッツ・オリーブ油などオメガ3
食物繊維・・・野菜・玄米など

理想の温活食事は旅館の朝食のイメージで、タンパク質・脂肪・食物繊維がしっかり摂れます
タンパク質・・・鮭・卵焼き・味噌汁
脂肪・・・鮭
食物繊維・・・玄米・ほうれん草・イチゴ・海苔・お漬物

温活否定派は、低体温の人の方が長生きであるというデータがあること、低体温のネズミの方が長生きであること、温活で免疫力アップは一部の免疫細胞に過ぎないことを上げていましたが、温活肯定派はただ長生きするのではなく、元気で長生きできるのが温活であると主張されていました

健康カプセルの時間・

1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法