ギモン解明!賢い人間ドッグの選び方SP

健康

ギモン解明!賢い人間ドッグの選び方SP
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

定期健康診断と人間ドック

★40歳を超えたら受診!胸腹部ドッグ

胸腹部ドッグでは、内臓の奥の病気が分かる。胃部レントゲンと、腹部エコー検査で消化器系の状態をチェック。

世界最新スペックのCTだと、通常1000枚の撮影が3000枚!わずか10秒で検査終了。画像を3Dデータで読み取る。

サイレントキャンサー(沈黙のがん)と呼ばれる、膵臓・肝臓・卵巣・肺の奥にできた腫瘍の早期発見が可能。

医療ジャーナリストの森田豊さんによると、胸腹部ドッグのCTは難しくても、超音波検査などは毎年受けたほうが良いそうです。

★コレがオススメ!血液検査の追加オプション

ABC検査・・・ピロリ菌がいるか、または胃がんになる危険性が分かる

ロックスインデックス検査・・・将来、脳梗塞、心筋梗塞になりやすいかどうかのリスクが分かる

アミノインデックス検査・・・胃・肺・大腸・膵臓・乳がん・子宮および卵巣がんになりやすいかどうかのリスクが分かる

アレルギー36・・・一度に36種類のアレルギー因子を調べられる検査

★50歳を超えたら受診!大腸がんを防ぐ最新検査 大腸3D-CT検査

50歳を超えると発症率があがるという大腸がんは、一般的にはおしりから内視鏡の管を入れる大腸内視鏡検査だが、腸の奥まで入れるので身体への負担が大きい。大腸3D-CT検査では、腸を膨らませるガスを入れるが、本人は寝ているだけでいい。検査時間は15分程度。アメリカの検診ガイドラインにも登録されているので、信頼できる検査といえる。また、オバマ大統領も大腸内視鏡検査ではなく、大腸3D-CT検査を受けているのだそう。大腸内視鏡検査に比べ、食事制限が少ないのもメリットである。

もしポリープが見つかった場合、ポリープが1センチ以上になると、がんを含む可能性が20%以上になるので、今後大きくなるようなら、大腸内視鏡検査も必要となる。

★60歳を超えたら受診!脳卒中予防に 脳ドッグ

高血圧傾向、糖尿病予備群、肥満、たばこを吸うなど、危険因子がある人は受けたほうが良い。

脳ドッグでは、MRIという強力な磁石でできた筒の中に入り、臓器や血管を撮影する検査。検査方法は20分間寝ているだけ。

MRIでは脳の断面が詳細に分かるので、隠れ脳梗塞(血管の老化が原因で現れる症状のほとんどない脳梗塞)や、認知症に関する情報も得られる。また脳血管画像により動脈瘤も分かる。

MRIを使った脳ドッグでは20種類以上の脳疾患の予防に役立つ。

60歳を超えたら、もの忘れドッグもおすすめ。軽度認知障害の早期発見を目的とした検査である。

★人間ドッグの費用が割安に!知ってお得な補助制度

人間ドッグの補助制度があり、申請をすることで人間ドッグ費用の一部を自治体が負担してくれる制度がある。自治体により異なるので、各自治体にお問い合わせをして下さいとの事。

また、自治体で受けられるがん検診として、胃がん・子宮がん・肺がん・乳がん・大腸がんがある。料金は無料か、とても安いので、こちらを利用し、オプションで他の検査を追加するという方法もある。

1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ