予防と治療が最も難しい すい臓がんに希望の光2016

健康

予防と治療が最も難しい すい臓がんに希望の光2016
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

報道ライブ MOVE UP 22

千代の富士を襲ったすい臓がん 5年生存率7%の早期発見と治療」



すい臓がんは臓器別の死亡率は4位ですが、
早期発見が最も難しいとされています

<すい臓がんの早期発見が難しい理由>

①痛みを感じない

②すい臓は体の奥深くにある

→見つかった時点で、約70%の患者が手術不可能(5年生存率は9.2%)


★すい臓の働きとは?

すい臓は食べ物を分解する消化液「すい液」を作る働きがあります

胃で消化された食べ物が、十二指腸へ送られるとすい液が出て、
炭水化物・タンパク質・脂質を分解し、栄養素の吸収を助ける、
体の中で最も強力な消化液です

すい液は1日に1リットル分泌されており、
すい臓がんはすい液の通り道のすい管から発生した腫瘍です

早期のうちはがん自体に痛みはなく、すい臓に痛みの出た時は、
腫瘍が大きくなり神経を圧迫しているので、手術はほぼ不可能となります

★すい臓がんになりやすい人は?

原因はまだよく分かっていないが、統計的にはいくつかのリスクが
明らかになっています

BMI(体格指数)30以上の肥満・・・すい臓がんの発生リスク3.5倍

タバコ1日40本以上・・・すい臓がんの発生リスク3.3倍

毎日ビール中瓶2本以上もリスクが上がります


Q:すい臓がんを診断する時、まず患者さんのどこを診るか?

A:目(黄疸が見られることがある)

すい臓の右側に腫瘍ができると、胆汁を運ぶ管が圧迫され、
胆汁が流れなくなり血液の中にあふれ、胆汁の黄色い色素が全身に広がり、
白目が黄色くなる黄疸が見られることがあります

黄疸=すい臓がんではないが、この時点で発見できたすい臓がんは、
手術で切れることが多いので、見逃せない兆候です

また、すい臓は血糖値を下げる「インスリン」というホルモンを作る
働きがありますが、すい臓にがんができると、すい臓の働きが落ち、
インスリンの分泌が悪くなり、血糖値を下げられずに急に糖尿病になる事が
あります

急に糖尿病になった人は、すい臓がんの可能性があります

★すい臓がん検診とは?

<検査① 血液検査>

血糖値や、がんの目印成分をチェックする

血液検査だけで、がんかどうかは決められないが、
他の検査の補助として活用する


<検査② エコー検査>

初期のすい臓がんをエコーで見つけるのはかなり難しく、
太っていると更に見えづらくなる

エコーではのう胞(液体がたまった袋)が見つかることが多く、
のう胞自体は必ずしも病気ではないが、すい臓にのう胞があると、
すい臓がんのリスクが22倍と高くなる

「すい管内乳頭粘液性腫瘍」というタイプののう胞は、
がん化していく可能性があるので、手術でとってしまう事もあります

<検査③ MRCP>

エコー検査で疑いがあった場合、MRCPというすい臓・肝臓・
胆のうを専門に撮影する最新機械で検査します

強力な磁場のため、金属類は全て外し、
メークも鉄分が入っているので落とします(メークしたままだと、
場合によっては火傷や色素沈着を起こす可能性があります)

約30分間の撮影で、MRCPで検査するとがんの場合、
すい液が溜まってすい管(すい液の通り道)が太くうつる事があります

★すい臓がん予防法

<魚のDHA>

魚に多く含まれるDHAの摂取が多い人は、すい臓がんの発症率が3割ほど低い事が、国立がん研究センターが男女およそ8万2000人を15年間に渡って追跡したデータで分かりました

★すい臓がん手術後患者にS-1投与 5年生存率倍増へ

すい臓がんは見つかった時点で、約70%の患者が手術不可能のため、
手術可能者は30%

手術可能者30%の中で、
がん切除+抗がん剤で5年間生存できるのは20%ですが、
この10年間ですい臓がんの治療技術は飛躍的に改善し、
9年前から手術後の患者に抗がん剤「S-1」を投与する
臨床試験を始めたところ、患者の5年生存率が倍増しました

1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。